文字サイズ

被扶養者の資格を失ったら「異動届」の提出を忘れずに

被扶養者の資格を失ったら「異動届」の提出を忘れずに

被扶養者に認定されるには一定の条件がある

健康保険では被保険者(本人)だけでなく、その家族も被扶養者として認められると、さまざまな給付を受けられます。被扶養者と認められるにはいくつかの条件があり、その範囲から外れたら「健康保険被扶養者(異動)届」を提出する必要があります。子どもの卒業や就職など、春は被扶養者の状況が変わることが多い時期です。被扶養者となる条件を今一度確認しましょう。

●3親等内の親族である
被保険者の配偶者(内縁を含む)、直系尊属(被保険者の父母、祖父母、曾祖父母)、子(養子を含む)、孫、兄弟姉妹は、被保険者と同居でも別居でもかまいません。前記以外の3親族(伯父伯母、甥姪とその配偶者など)や内縁の配偶者の父母および子は、被保険者との同居が条件となります。

●主として被保険者の収入で暮らしている
収入面での基準は、年間の収入が130万円(60歳以上または障害厚生年金を受けられる程度の障害を有する者の場合は180万円)未満で、かつ被保険者と同居している場合は収入が被保険者の半分未満であることが、認定の条件となります。別居している場合は収入が被保険者の仕送り額よりも少ないことが必要です。被扶養者の年収が130万円未満であっても、勤務先の健康保険の被保険者として加入した場合は、被扶養者の資格はなくなります。

●日本国内に住所がある
日本国内に住民票があることも条件です。ただし、次の人は日本国内に住所がなくても、生活の基礎が日本にあるとされ、例外的に被扶養者の対象になります。
・外国に留学する学生
・外国に赴任する被保険者に同行する家族
・観光やボランティアなど、就労以外の目的で一時的に海外に行く人
・被保険者が外国に赴任している間に、結婚や出産などによって家族になった人

●75歳未満である
 75歳になったら、後期高齢者医療制度の被保険者となり、被扶養者の対象から外れます。

条件を満たさなくなったら5日以内に届出を

今まで被扶養者だった人が条件を満たさなくなった場合は、「健康保険被扶養者(異動)届」の提出が必要になります。就職や結婚のほか、「パートやアルバイトの収入が増えた」「同居が条件だったが別居になった」「離婚して扶養関係がなくなった」「75歳になった」などによって、被扶養者の範囲から外れたときは、異動届に必要な書類を添えて、被保険者が勤務先を通して日本年金機構に届け出てください。

提出期限は、資格を喪失してから5日以内です。届出を忘れてしまうと、資格喪失期間に発生した医療費などを請求されることがあるので気をつけましょう。