乳幼児は重症化の恐れがある「RSウイルス感染症」

冬にかけて流行拡大

冬季に流行するRSウイルス感染症。例年寒くなってから感染が広がりますが、2011年以降流行が早まる傾向が見られ、夏から感染の報告数が増えています。2014年も、9月の段階で少しずつ流行の兆しを見せています。RSウイルス感染症は、大人がかかってもかぜのような症状で済むことが多いのに対して、乳幼児の場合は、重篤化の恐れがあります。RSウイルス感染症に関して正しく理解し、早めの対策を始めましょう。

 

RSウイルス感染症ってどんな病気?

RSウイルス感染症(respiratory syncytial virus infection)は、RSウイルスが原因の呼吸器の感染症です。生後1歳までに半数以上が、2歳までにほぼ100%が感染し、その後生涯にわたり何度も感染、発症します。年齢が高くなるほど軽い症状で済むようになります。

感染後、4〜6日の潜伏期ののち、せきや鼻水、発熱といったかぜに似た症状が数日続きますが、多くはこのまま回復に向かいます。しかし、初めて感染する乳幼児は重症化の恐れがあり、3割程度の乳幼児に咳がひどくなる、ゼーゼーする、呼吸が浅くなるなどの症状があらわれます。また、細気管支炎(さいきかんしえん)や肺炎などを引き起こすこともあります。特に低出生体重児や持病がある乳幼児の場合は、重篤な合併症のリスクが高まるため、細心の注意が必要です。

 

乳幼児のいる家庭は特に注意を

RSウイルス感染症の感染経路は、せきやくしゃみなどの飛沫感染や、ウイルスのついたものに触れておこる接触感染です。RSウイルスを防ぐためには、感染経路のシャットアウトが肝心です。大人の場合は軽い症状でRSウイルス感染症だと気付かない人が多いため、乳幼児のいる家庭でせきなどの症状がある人は、なるべく乳幼児との接触を避け、接触するときはマスクの着用を徹底しましょう。また、日常的に触れるおもちゃなどはアルコールや塩素系の消毒剤でこまめに消毒を。流水と石けんによる手洗いも心がけましょう。

症状が悪化したり、乳幼児の感染の疑いがある場合は医療機関に受診しましょう。RSウイルス感染症は、医療機関で検査が可能です。治療は特効薬がないので、症状を和らげる対症療法が中心となります。