見落としがちな秋の花粉症にご注意を

ブタクサ、ヨモギ、ススキなどが原因

毎年秋になると、鼻がムズムズする、鼻水がでる、くしゃみが止まらない……こんな症状が出ていたら、秋の花粉症かもしれません。花粉症といえば、春のスギ花粉をイメージしがちですが、実は秋にも花粉症があります。

秋の花粉症は、キク科のブタクサやヨモギ、セイタカアワダチソウ、イネ科のススキ、アサ科のカナムグラなどが原因となります。地域によって花粉の飛散時期は異なりますが、8月から11月ごろにかけて全国的に飛散します。

 

風邪と花粉症の違いは?

秋の季節の変わり目の時期は、風邪もひきやすいもの。風邪なのか、花粉症なのか、判断しにくい場合があります。見分けるポイントはまず鼻水。風邪は鼻水が黄色くて粘り気があり、花粉症は透明で水っぽくなります。

また、晴れた日だけくしゃみが止まらない、よく鼻水が出る、目がかゆくなるなども花粉症の特徴。高熱を伴うことがあるのは風邪で、花粉症の場合は微熱程度です。

 

秋の花粉症の予防ポイント

秋の花粉症の原因となるブタクサやヨモギは、丈が低い植物なので、花粉の飛散距離が短いのが特徴です。その植物が生えている場所に近づかないことで、発症を抑えることが十分可能となります。秋の花粉症のシーズンは、公園や川沿い、あぜ道など草木の多いところをできるだけ避ける工夫をしましょう。

また、外出時は春の花粉症同様、マスクや帽子、メガネを忘れずに。うがい、手洗い、洗髪などで、清潔に保つことも大切です。