今からでも間に合う! 家庭でできるインフルエンザ対策

かぜとインフルエンザの見分け方

今年もインフルエンザのシーズンがやってきました。正しい知識をもち、予防対策をしっかり行って、インフルエンザをシャットアウトしましょう。


そもそもインフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで起こる病気。日本では例年12〜3月頃に流行します。インフルエンザはかぜの症状(のどの痛み、鼻汁、くしゃみやせきなど)に加えて、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が現れ、38℃以上の発熱を伴います。さらに高齢者や免疫力の下がっている人は、肺炎を引き起こすなど、重症化する恐れがあります。一方、かぜの多くは、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することもあまりありません。

 

インフルエンザにかからないための5つのポイント

インフルエンザの主な感染経路は2つ。患者のせきやくしゃみなどの飛沫を吸い込んで感染する「飛沫感染」と、ウイルスが付着した手で、口や鼻、目などに触れて感染する「接触感染」です。予防のためには、空気中に漂うウイルスを吸い込まない、手にウイルスを付着させないことが大切です。

インフルエンザにかからないために、流行前のワクチン接種にプラスして、以下のポイントを心がけましょう。


・うがい・手洗いを徹底する

帰宅時、食事や調理の前などは、石けんをつけ、15秒以上かけて念入りに洗う。うがいはのどの乾燥を防ぐ効果も。

・人ごみではマスクを着用

使い捨ての不織布製マスクを着用し、鼻やあごにすき間がないよう、顔にフィットさせる。

・栄養バランスのよい食生活を送る

1日3食、規則正しくバランスのとれた食生活を。免疫力を高めるビタミン類を豊富にとる。

・睡眠を十分にとる

寝不足や不規則な生活はウイルスへの抵抗力を弱めるため、睡眠をしっかりとる。

・室内の湿度を調整する

乾燥はのどの粘膜の防御機能を低下させるため、室内は50〜60%の湿度に保つ。

 

他人にうつさないための「せきエチケット」の徹底を

インフルエンザにかかってしまったり、感染の疑いがある場合は、周囲の人にうつさないために、「せきエチケット」を守る必要があります。せきやくしゃみをするときは、ティッシュやハンカチで口と鼻を覆い、周囲の人から2m以上離れ、顔をそむけるようにしましょう。ティッシュなどがない場合は、手で覆うのではなく袖口などで覆います。また、症状がある人は、不織布製のマスクを常に着用するとよいでしょう。