今年こそ禁煙! 本数を減らすよりきっぱりやめよう

たばこを「やめたい」人は減少、「本数を減らしたい」人は増加傾向

新年を迎え、今年の抱負に「禁煙」を掲げた人はどのくらいいるでしょうか。

厚生労働省の「平成25年国民健康・栄養調査」で喫煙の状況を調べたところ、現在習慣的に喫煙している人は全体で19.3%、男性32.2%、女性8.2%。男女ともに10年間で減少傾向にあることがわかりました。

しかし、習慣的に喫煙している人のうち、たばこをやめたいと思っている人は男女合わせて24.4%で、男女共に2年前の調査よりも減少しています。とはいえ、たばこの本数を減らしたいと思う人は男女合わせて33.5%で、2年前の調査より増加しています。たばこが値上がりし、消費税も上がっているので、「禁煙はできなくても本数は減らしていこう」と考える人が多くなったことの現れかもしれません。

 

本数を減らすのはむしろ逆効果! 禁煙を目指そう

年末年始の間は、自宅や帰省先などにいる時間が長く、自然と1日に吸う本数が減ったという人も多いでしょう。

しかし、「本数が減ったから健康的になった」「このまま禁煙できるのでは?」などと思うのは間違い。むしろ、喫煙本数を減らした場合、ニコチン(たばこの煙に含まれる有害物質)の摂取量が増えるという研究結果があります。これは、ニコチンの離脱症状により、1本1本を深く吸い込んでいたり、根元まで吸っていたりすることが原因と考えられます。

また、ニコチン含有量の少ないたばこに変えた場合でも、実際のニコチン摂取量はあまり変わらないという研究結果も。

それらの、本数を減らす、軽いたばこに変えるなどの「節煙」はかえって離脱症状が起きやすくなります。たばこをやめたいのであれば、きっぱり「禁煙」しましょう。

 

思いきって禁煙治療を始めるのも手

なかなか禁煙に踏み切れないのは、ニコチン依存症のせいかもしれません。

市販の禁煙補助薬(ニコチンガムやニコチンパッチなど)を使ったり、医療機関の禁煙外来を受診したりして、禁煙治療を始めるのもひとつの方法です。

特定の条件を満たしており、医師にニコチン依存症と診断された場合は、健康保険が適用される可能性があります(健康保険で禁煙治療ができる医療機関については、日本禁煙学会「禁煙治療に保険が使える医療機関情報最新版」を参照してください)。

自分の健康のためにも、家族や周りの人々の健康のためにも、今年こそ禁煙を成功させましょう。