うつ症状やメタボ、命の危険も招く! 「男性更年期障害」

男性ホルモンの減少に伴って、男性にも更年期障害が起こる

最近、50代後半の男性タレントが、50歳当時にうつ症状があったとテレビ番組で告白しました。うつ症状の原因は「男性更年期障害」であると診断され、服薬治療を行って回復したとのことです。

一般的に男性更年期障害と呼ばれるのは、「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」のこと。男性ホルモン(テストステロン)の減少に伴って起こるさまざまな症状の総称で、40代から60代後半の男性に起こりやすい病気です。

女性の更年期障害は閉経の際に女性ホルモンが急激に減少することで起こり、多くの人は数年以内に症状が治まります。しかし、男性では加齢とともに徐々に男性ホルモンが減少していくため、年をとるにつれて起こりやすくなり、発症後は症状がいつまでも続くおそれがあります。

日本のLOH症候群の潜在患者数はおよそ600万人。にもかかわらず、LOH症候群は広く知られておらず、多くの人は適切な診断・治療を受けていないのが現状です。

 

うつ症状や性的症状のほか、メタボにもつながる

日本人のLOH症候群では、無気力感・疲労感・不眠などのうつ症状が、欧米人よりも強く現れる傾向にあることがわかっています。それ以外には、性欲低下やED(勃起障害)などの性的症状や、発汗・ほてり、肩こり、骨粗しょう症などの女性更年期障害と同様の症状が起こることがあります。

また、男性ホルモンの減少は筋力低下、内臓脂肪の蓄積といったメタボリックシンドロームにもつながります。メタボがあることで男性ホルモンの減少がさらに進むため、悪循環にも陥りかねません。

男性ホルモンが少ないと、脳梗塞・脳出血などの脳血管障害や心筋梗塞、がんなどのリスクが高まり、死亡率が上がるという研究データもあります。中高年の男性にとっては、老後の生活を左右しかねない病気といえます。

 

ホルモン薬や漢方薬によって男性ホルモンを維持する治療が行われる

LOH症候群の治療としては、テストステロン値が8.5pg/ml未満であれば、男性ホルモン補充療法が中心となります。男性ホルモン上昇効果のある漢方薬を使うこともあります。

それらによって男性ホルモンを維持できれば、さまざまな不調を改善できるだけでなく、メタボなどの進行を抑制できる可能性もあります。「もしかして」と思ったら、早めに泌尿器科を受診しましょう。

最近では「男性更年期外来」「メンズヘルス外来」といった、LOH症候群の専門外来も増えてきました。可能であれば、そのような専門外来のある医療機関への受診をおすすめします。