文字サイズ

40代以降の女性に多い手指の変形「ヘバーデン結節」

40代以降の女性に多い手指の変形「ヘバーデン結節」

軟骨がすり減り、手の指の第1関節が変形する

「ヘバーデン結節」は手の指の第1関節が変形する病気で、40歳代以上の女性に多く見られます。あまり聞きなれない病名ですが、この病気を報告したヘバーデン氏にちなんでヘバーデン結節と呼ばれています。

骨と骨の間には、クッションの役割を果たす軟骨があります。何らかの原因で軟骨がすり減って骨同士がぶつかるようになると、関節の周囲に骨棘(こっきょく)と呼ばれるとげのようなものができ、関節が変形します。

手の指の関節が変形する病気にはいくつか種類がありますが、ヘバーデン結節は第1関節に症状が現れるのが特徴です。赤く腫れたり曲がったりするほか、痛みを伴ったり、爪のつけ根近くに水ぶくれ(粘液のう腫)ができることもあります。人さし指から小指にかけてよく見られますが、親指に起こる場合もあります。

ヘバーデン結節の原因はよくわかっていませんが、40歳代以降の女性に多いことから、女性ホルモンとの関係が指摘されています。

患部を固定し、消炎鎮痛薬で痛みを和らげる

ヘバーデン結節の治療は、テーピングで患部を固定して安静を保つほか、痛みが強いときには消炎鎮痛薬ののみ薬、湿布薬、塗り薬などを使用します。

これらの治療を続けても痛みが軽減しなかったり、変形が進行した場合には、手術が検討されます。手術には、変形した関節を器具で接合する「関節固定術」などの方法があります。

手の指は多くの役割を果たしているため、強く痛んだり関節の変形が進んだりすると日常生活に支障をきたします。痛みがある場合は安静にし、早めに整形外科を受診しましょう。

また、手をよく使う人はヘバーデン結節になりやすい傾向があると言われています。手作業をするときには時々休憩をはさむなど、指先に負担がかからないようにすることが大切です。