文字サイズ

熱中症から身を守るために「熱中症警戒アラート」を確認しよう

熱中症から身を守るために「熱中症警戒アラート」を確認しよう

熱中症警戒アラートが関東甲信の1都8県で試行実施

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に効果的な情報発信として、今年(2020年)7月1日~10月28日の期間に、関東甲信地方の1都8県(東京・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨・長野)で「熱中症警戒アラート(試行)」を先行的に実施しています。来年度から全国で本格実施予定です。

今年は、新型コロナウイルス感染予防対策で自宅で過ごす機会も多くなるなか、平年よりも暑い夏が予想されています。「熱中症警戒アラート」を確認しながら、暑さ対策に取り組みましょう。

熱中症警戒アラートとは?

これまで気象庁は、気温を指標にした「高温注意情報」を出していました。それが今後は「気温」だけでなく「湿度」なども考慮し、体への負担をより正確にとらえた「暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)」で熱中症への注意を呼び掛けることとしました。

危険な暑さが予想され、「暑さ指数」(※)基準である33℃を超える場合に、都県ごとに「熱中症警戒アラート」が発表されます。

この基準は、東京都の過去5年間の暑さ指数と熱中症の搬送者数などを分析した結果、暑さ指数33℃以上で重症者と死者が急増していたことから決定しました。5~9月に、7回程度の発表を予想しています。 

※気温と同じ単位(℃)で示されますが、気温とは異なる数値です。

アラートが出たらどうすればよいの?

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高くなると予想される日の前日の17時ごろと当日の朝5時ごろに、最新の予測値を元に都県単位で発表されます。アラートが発表された場合、自治体ごとに防災行政無線や防災メールなどで周知されるので、以下を参考に積極的に予防行動をとりましょう。

熱中症警戒アラート発表時の予防行動のポイント

①気温・湿度・暑さ指数を確認しましょう

  • 環境省や気象庁のホームページなどで、身の回りの気温・湿度・暑さ指数を確認しましょう。
 

②熱中症リスクの高い人は要注意

  • 熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者の方々は十分に注意しましょう。
  • 3密(密集、密接、密閉)を避けつつ、リスクの高い人には周囲の人からも積極的な声かけをしましょう。
 

③外での運動や活動は中止・延期しましょう

  • 不要・不急の外出はできるだけ避けましょう。
  • エアコン等が設置されていない屋内外での運動や活動等は、原則、中止や延期をしてください。
 

④「熱中症予防行動」を普段以上に実践しましょう
環境省・厚生労働省から示している「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントを心がけましょう。

  • 暑さを避ける
  • 適宜マスクをはずす(気温・湿度の高いなかでのマスク着用は要注意。屋外で人と十分な距離をとる)
  • こまめに水分補給する
  • 日ごろから健康管理に気を配る
  • 暑さに備えた体づくりをする