文字サイズ

マスクによる肌荒れが増加中! 蒸れていても保湿が重要

マスクによる肌荒れが増加中! 蒸れていても保湿が重要

マスクによる摩擦、温度や湿度の変化が原因

新型コロナウイルス感染症対策による新しい生活様式として、気温が高く蒸し暑い日もマスクの着用が欠かせなくなりました。熱中症対策との両立が注目されていますが、マスクによる肌荒れで悩む人が急増しているといいます。そもそも、マスクをするとなぜ肌荒れが起こるのでしょうか。その主な原因として次の2つがあげられます。

一つ目はマスク着脱を繰り返すことによる摩擦(こすれ)で生じる刺激。マスクを何度も付けたりずらしたりすると、肌に摩擦が生じ、肌を守るバリア機能が低下します。すると肌の潤いが蒸散し、ダメージを受けやすいデリケートな状態になってしまいます。

もう一つの原因は、マスク着脱による温度や湿度の変化。マスク装着時は吐く息で蒸れて高温多湿になり、ニキビを引き起こすアクネ菌などの細菌や雑菌が繁殖しやすくなっています。そのような過剰な湿度環境下でマスクをはずすと、水分が急激に蒸発して乾燥を引き起こします。

このように、肌を健康に保つバリア機能や保湿機能が乱れることが、肌荒れの原因になっていると考えられています。

感染に配慮しながら自分に合ったマスクを選ぼう

マスクによる肌荒れを防止するには、なるべく長時間着け続けないようにすることも大切です。厚生労働省は、屋外で人と十分な距離を確保できる場合にはマスクをはずすよう呼びかけています。とはいえ、感染予防への配慮も必要不可欠。マスクを着用しても快適に過ごすためには、素材やサイズ選びに気を配り、日ごろのスキンケアを大切にしましょう。

①マスクを使い分ける
通気性のよい布やガーゼタイプのマスクのほうが、肌への刺激を抑えられます。しかし、感染拡大を防ぐためには、不織布マスクのほうが効果が期待できます。その場合は内側にガーゼを挟むと肌への刺激が和らぎます。その時の状況や肌の状態によって、使い分けるとよいでしょう。

②汗を拭きとる
マスクの着用中は、熱がこもって汗をかきやすくなります。汗が肌に付着したままにしておくと、かゆみやあせもなどの肌トラブルにつながるため、汗をかいたら、吸収性のよいタオルなどでこまめに汗を拭きとりましょう。

③たっぷりの保湿
乾燥してバリア機能が低下した肌には、まず何よりも「保湿」が重要です。肌が乾燥すると、水分と油分のバランスが崩れ、肌を守る機能を失うため、角質層に水分を蓄えることができなくなってしまいます。洗顔後はすぐに化粧水や乳液、クリーム、軟膏(ワセリン等)などで保湿しましょう。

病院の受診が必要なタイミングは?

肌荒れをそのまま放っておくと、症状が悪化したり、あとが残ってしまう可能性があります。次のような症状の場合は、早めに受診しましょう。

  • ニキビができた
  • 肌の乾燥がおさまらない
  • 肌にかゆみ、痛みがある
  • 肌に赤みが出た
 

また、顔だけでなく、頻繁な手洗いや消毒の影響で、手に肌トラブルが出るケースも増えています。手を洗った後は、ハンドクリームなどの保湿剤でケアして、症状に悩む場合は専門医に相談しましょう。