文字サイズ

コロナ禍の今だからこそ知っておきたい「薬剤耐性(AMR)」のこと

コロナ禍の今だからこそ知っておきたい「薬剤耐性(AMR)」のこと

かぜやインフルエンザ、新型コロナに抗菌薬(抗生物質)は効かない

かぜの際に使用する薬といえば、何を思い浮かべるでしょうか。総合感冒薬、解熱鎮静剤、咳止め、トローチ、うがい薬など、たくさんの薬があります。なかには、かぜといえば抗菌薬(抗生物質)では? と思う人もいるかもしれません。

しかし実際のところ、一般的にいうかぜ(急性上気道炎)には抗菌薬は効果がありません。なぜなら、かぜの原因はウイルスが9割を占めており、細菌に対する薬である抗菌薬はウイルスには効かないからです。かぜの際に一般的に使用される薬は、症状を和らげる作用や回復への手助けをする作用しかもたず、対症療法にあたります。ではどうして治るのかというと、体に備わっている免疫が働き、病原体であるウイルスを排除することにより治るのです。

インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症もウイルスによるもので、抗菌薬は効きません。

抗菌薬を使うデメリット――薬剤耐性(AMR)菌の出現

抗菌薬により、さまざまな感染症の治療が可能となりました。しかしながら、1980年代以降、従来の抗菌薬が効かない「薬剤耐性(AMR)」をもつ細菌(薬剤耐性菌)が出現し、世界的に大きな問題となっています。不適切な抗菌薬の乱用に伴い、細菌が抗菌薬に対しての耐性を獲得し、抗菌薬の効かない薬剤耐性菌に変化してしまうのです。

現在、この薬剤耐性菌によって、世界では年間約70万人が死亡しており、増加を続けています。このまま何も対策を取らなければ、2050年には約1,000万人が薬剤耐性菌によって死亡するといわれています*。特に、免疫力の弱い乳幼児や妊婦、高齢者、また持病のある人は、感染症にかかると重症化しやすいため、薬剤耐性菌が広まり、使用できる抗菌薬が減ると命の危険が高まります。

新型コロナウイルス感染症の動向に目が離せないこうした状況だからこそ、抗菌薬に対する正しい知識と、薬剤耐性の拡大への問題意識をもつ必要があります。

薬剤耐性の拡大を防ぐために私たちができること

①抗菌薬の使用を必要最低限にする

一般的なウイルス性のかぜに対して抗菌薬は不要で、予防としても効果がないという認識をもちましょう。
※医師や薬剤師の指示により服用が必要とされた場合を除く。

②薬は医師の指示どおり途中で止めたり、勝手に量や回数を変更しない

抗菌薬を使用する際は、医師や薬剤師の指示を守って、必要な場合に適切な量を適切な期間服用しましょう。

③余った薬は破棄する

使わなかった抗菌薬を再利用したり、他人へ譲渡するなどは絶対にやめましょう。

④感染症予防に努める

感染症に対しての予防の徹底が、そもそも薬剤耐性菌を体内に取り込まないことに役立ちます。現在行われている新型コロナウイルス感染症予防のためのさまざま対策(正しい手洗いの徹底・アルコール消毒・マスクの着用など)は、これらの感染症予防に通じています。また、ワクチンで予防できる感染症には予防接種を検討しましょう。

私たち一人ひとりが、抗菌薬に対する正しい知識をもち、正しい使い方をすることで、薬剤耐性を広げないようにしましょう。

参考文献