文字サイズ

2021年3月からマイナンバーカードが健康保険証として利用可能に

2021年3月からマイナンバーカードが健康保険証として利用可能に

暮らしが便利になるマイナンバーカード

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きのカードで、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と、本人の顔写真などが記載されています。本人確認のための身分証明書として利用できるほか、自治体のサービスや電子証明書を利用した電子申請等、さまざまなサービスにも利用できます。このマイナンバーカードが、2021年3月から順次、健康保険証としても使用できるようになります(保険証として利用するには、参考用外部リンク「マイナポータル」*から申し込みが必要)。
*子育てや介護をはじめとする行政手続きの検索や、オンライン申請がワンストップでできたり、行政からのお知らせを受け取ることができる自分専用のサイトです。

諸手続きがスムーズに、また医療の質の向上も期待される

マイナンバーカードを保険証として利用できるようになると、さまざまなメリットがあります。

①健康保険証としてずっと利用できる
マイナンバーカードを使えば、就職や転職、結婚、引っ越しなどをしても、保険証の切り替えなしにカードで受診できます。
※協会けんぽへの届け出は必要です。

②医療保険への資格確認がスピーディーになる
カードリーダーにかざせば、加入する医療保険の資格確認がスムーズに行えるため、医療機関や薬局の受付時の事務処理の効率化が期待できます。

③書類や手続きなしで、限度額以上の一時的な支払いが不要に
限度額適用認定証がなくても、高額療養費制度の限度額以上の支払いが不要となります。

④健康管理や医療の質が向上
自分の特定健診情報(2021年3月から)や薬剤情報(2021年10月から)をマイナポータルで確認できるようになり、本人の同意があれば、初めて使う医療機関等でも、これまでに使用していた情報等が医療者と共有できるようになります。そうすることによって、より多くの情報をもとに診療や服薬管理を受けることができます。
※開始時期は、医療保険者によって異なる場合があります。

⑤マイナンバーカードで医療費控除も便利になる
マイナポータルを利用して、自分の医療費情報を確認できるようになります。2021年分所得税の確定申告から、医療費控除の手続きの際に、マイナポータルを通じて自動入力が可能になります。

マイナンバーカードを持っていない人はまず申請を

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、まずマイナンバーカードの取得が必要です。郵送された通知カードの下についている個人番号カード交付申請書を持っている場合は、「スマートフォン」「パソコン」「証明写真機」「郵便」の4つの方法で申請することができます。スマホからの申請であれば、スマホで顔写真を撮影し、交付申請書の二次元バーコードを読み取り、メールアドレスを登録、必要事項を入力するだけで申請が完了します。

交付申請書を持っていない人は、お住まいの市区町村の窓口で再発行してもらうほか、専用サイトから交付申請書をダウンロードして郵送で申請することもできます。

今後利用できる場面がどんどん増えていくと思われるマイナンバーカード。利用をお考えの人は、交付されるまでに1カ月程度の期間が必要となるので、時間に余裕のあるときに発行しておくとよいでしょう。