文字サイズ

マスク着用時やテレワーク中も紫外線対策をお忘れなく

マスク着用時やテレワーク中も紫外線対策をお忘れなく

日焼け止めは顔全体に塗って、マスクの下もしっかりUVケアを

日増しに暖かくなり、紫外線の影響が気になるシーズンになってきました。新型コロナウイルスの影響でマスク着用での外出が必然の昨今、マスクで顔が隠れるからとUVケアをおろそかにしていませんか。肌にうっすらとマスクの日焼け跡が残る「マスク日焼け」をしてしまうかもしれません。

マスクは紫外線の遮断に有効ではあるものの、多少透過したり、隙間から入り込む可能性もあり、知らず知らずのうちに日焼けをしてしまうことがあります。特に女性など、長引くマスク生活でお化粧を控えていた人は注意が必要です。

マスク日焼けを防ぐには、マスクで覆われている部分もそうでない部分も同様に、顔全体にむらなく日焼け止めを塗りましょう。特に、鼻や頬などのマスクと肌の境界の部分は、マスクがずれて肌が紫外線にさらされやすいため、日焼け止めをこまめに塗り直すことをおすすめします。また、日焼け止めを塗った後は肌になじむまで少し時間をおき、乾いてからマスクを装着すると日焼け止めが落ちにくくなります。

紫外線は皮膚の細胞やDNAを傷つけるなど、美容面だけでなく健康面にも大きな影響を及ぼします。外出の際はマスクだけに頼らず、日傘や帽子、サングラスなども併用しながら紫外線対策をしっかりと行いましょう。

曇りの日や室内でのうっかり日焼けにもご注意を

紫外線は条件によってその量は異なりますが、曇りの日も雨の日も一年中降り注いでおり、空気中や地面などで反射して届くものもあります。

曇りの日や日陰にいるからと油断していると、気がつかないうちに日焼けしてしまうことも。また、シミ、シワ、たるみなど肌の老化につながりやすい紫外線UVAは、窓ガラスを通り越して室内にまで侵入します。外出自粛やテレワークなどで、自宅で過ごす時間が増えていますが、室内だからと紫外線に対して無防備でいると、肌がダメージを受けることになりかねません。室内であっても、しっかりと日焼け止めを塗って肌を守ることが大切です。室内や日常生活では「SPF20/PA++」を目安に日焼け止めを選びましょう。

紫外線の基礎知識

紫外線の種類

●UVA(紫外線A波)
地表に降り注ぐ紫外線の約90%を占める。波長が長く、肌の奥の真皮層まで到達してシミ、シワ、たるみの原因になる。

●UVB(紫外線B波)
量は少ないが、エネルギーが強く、やけどしたように肌が赤くなったりする。波長が短く、真皮には到達しないが表皮にダメージを与え、皮膚がんやシミの原因になる。

日焼け止めのSPF・PAとは?

●SPF
UVBを防ぐ効果を表す数値。数値は、肌が赤くなる炎症を防ぐ効果の高さを示す。最大値は50+。室内や日常生活ならSPF20が目安。

●PA
UVAを防ぐ効果を表す目安。+の数は、肌の黒化や弾力低下を防ぐ高さを示す。最大値は++++。室内や日常生活ならPA++が目安。