文字サイズ

大雨による災害に注意! 「大雨警戒レベル」の確認を

大雨による災害に注意! 「大雨警戒レベル」の確認を

警戒レベル4が発令されたら全員必ず避難

近年、大雨や台風による河川の氾濫や土砂災害などが増え、多くの甚大な被害が出ています。こうした状況を踏まえ、2019年6月から市町村からの避難情報などは、災害の発生を警告する「大雨警戒レベル」が導入されるようになりました。しかしながら、必ずしも的確な避難に結びついていない課題もあり、2021年5月から、より的確にわかりやすく変更されました。

主な変更点は、従来、警戒レベル4に該当していた「避難勧告」と「避難指示」の2つを「避難指示」と一本化したことです。警戒レベル4が発令されたら、高齢者などに限らず、様子を見るのではなく全員避難を開始しましょう。

警戒レベル5は、すでに災害が発生している可能性が高く、避難するより安全を確保することが優先されます。周囲の状況を確認し、避難場所までの移動が危険な場合は、建物の2階以上や崖の反対側など、少しでも安全な場所で、命が助かるような行動をとりましょう。また、避難に時間がかかる高齢者や障碍者、乳幼児などは、警戒レベル3が出たらすぐに危険な場所から避難してください。

5段階の警戒レベルと住民が取るべき行動 
警戒レベル 避難情報 取るべき行動
警戒レベル5 緊急安全確保
(命を守る)
何らかの災害がすでに発生している可能性が極めて高い状況です。命の危険が迫っているため、直ちに身の安全を確保してください。
警戒レベル4 避難指示
(危険な場所から全員避難)
自治体からの避難指示の発令に留意するとともに、速やかに危険な場所から全員が避難しましょう。
警戒レベル3 高齢者等避難
(高齢者や障害者などは避難)
避難に時間がかかる高齢者や障害者、乳幼児などやその支援者は危険な場所から避難しましょう。
警戒レベル2 避難方法を確認 ハザードマップ等により、避難経路など、自らの行動を確認しましょう。
警戒レベル1 最新情報に注意 災害への心構えを高めましょう。

(気象庁「防災気象情報と警戒レベルとの対応について」をもとに作成)

日ごろからハザードマップ等で避難場所などを確認しておこう

万が一のときに慌てず適切な行動をとるためには、日ごろからの備えが大切です。普段から、自分が生活している地域の避難場所や経路を確認しておきましょう。土砂災害や河川が氾濫したときに危険性が認められる区域や、指定緊急避難場所等が掲載されているハザードマップを確認し、いざというときにどの道を通って、どこに避難すれば安全なのか決めておきましょう。ハザードマップは、各自治体のホームページなどで確認できます。

また、雨が降ったり、風が強くなったりする前に、窓や雨戸はしっかりと閉め、風で飛ばされそうなものは固定したりするなど、家屋の備えをしておきましょう。避難が必要になったときに備えて、非常持ち出し品の点検もしておくと安心です。