文字サイズ

8月7日は「鼻の日」。鼻の不調や鼻のかみ方を見直そう

8月7日は「鼻の日」。鼻の不調や鼻のかみ方を見直そう

日常生活のどこにでも副鼻腔炎(蓄膿症)の原因は存在する

毎年8月7日は「鼻の日」です。1961(昭和36)年に、一般社団法人日本耳鼻咽喉科学会が「は(8)な(7)」の語呂合わせから制定した記念日で、鼻の病気や健康管理に関する知識について啓蒙しています。制定当初は、副鼻腔炎いわゆる蓄膿(ちくのう)症の患者が多く、社会生活や学業に大きな影響を与えていたので、この疾患の早期発見、早期治療を進めることを目的としていました。

副鼻腔とは、鼻腔(鼻の中の空間)の周囲に存在する空洞で、左右に4つずつ、合計8つあり、すべての副鼻腔は鼻の穴とつながっています。

副鼻腔炎とは、何らかの原因で副鼻腔の炎症が起こる病気です。基本的には、かぜをひいた際に免疫力が低下することで、細菌に感染し発症します。カビやダニ、花粉やハウスダストにより引き起こされることもあり、発症の要因は、日常生活のどこにでも存在しています。副鼻腔炎の症状が1カ月以内で治まる場合は「急性副鼻腔炎」、3カ月以上続く場合は「慢性副鼻腔炎」と診断されます。

長引く鼻水・鼻詰まりは放置しないで

鼻の中に侵入したウイルスや細菌などによって副鼻腔の粘膜が腫れて、鼻腔と副鼻腔をつないでいる穴がふさがってしまうことがあります。すると、副鼻腔内に鼻水や膿(うみ)がたまり、ウイルスや細菌が増殖して炎症が起こります。このことが副鼻腔炎の原因とされます。

症状は、鼻水、鼻詰まり、咳や痰に加え、鼻の中に悪臭を感じる、臭いに鈍感になる(嗅覚低下)、鼻水がのどに落ちる(後鼻漏:こうびろう)、頭痛や顔面痛などが起こることがあります。副鼻腔の炎症が続くと、粘膜の一部が腫れあがって鼻茸(はなたけ)とよばれる炎症ができることがあり、鼻茸が大きくなると呼吸がしづらくなります。

副鼻腔炎の治療は、基本的に抗菌薬の服用、鼻腔内にある膿を除去する処置が一般的です。急性副鼻腔炎を放置すれば、慢性化し、場合によっては腫れあがった粘膜を除去したりするなどの外科的処置が必要になることもあります。かぜの症状が落ち着いたのに、鼻の症状が続いている場合は、急性副鼻腔炎が起こっている場合もあります。軽視せず、症状があれば速やかに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

意外と知らない正しい鼻のかみ方

鼻に花粉やほこりなどが入り込んだときに、これらの異物を体の外に流し出そうとして、鼻水が出ます。鼻水はできるだけ外に出してやるほうがよいので、正しい鼻のかみ方を心がけて、上手に鼻水を出してあげましょう。間違った鼻のかみ方をしていると、鼻血が出たり、耳が痛くなったり、ときには気管支炎や肺炎などにつながることもあります。

「鼻の日」をきっかけに、ご自分の鼻の健康について考え、正しい鼻のかみ方をおさらいしましょう。

鼻のかみ方のポイント

  • ①片方の鼻をきちんと押さえ、片方ずつ静かに数秒かけてゆっくりかむ。
  • ②鼻をかむときには、口から息を吸う。鼻水を押し出すために、空気をたっぷり取り入れる。
  • ③ゆっくり小刻みにかむ。慌てず、焦らず、少しずつ、確実にかむことが大切。
  • ④強くかみ過ぎない。かみにくいときも、一度に力を入れず、少しずつかむようにする。
  • ⑤鼻をかんだ後の手は、何かをさわる前に手洗いをする。