文字サイズ

冬の食中毒・ノロウイルス感染症にご注意を

冬の食中毒・ノロウイルス感染症にご注意を

健康な成人であれば、水分補給して安静にしていれば治る

ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、年間を通して発生しますが、日本では冬季に流行のピークがみられることから、冬の食中毒として知られています。

原因ウイルスであるノロウイルスは感染力が非常に強く、わずかな量が体内に入っただけでも感染してしまいます。感染経路は糞口(ふんこう)感染で、感染者から排泄された便などに含まれるウイルスが、さまざまなルートを介して口から体内に入ることで感染します。

ノロウイルスの主な感染経路
人から人への感染…手を介して、患者の糞便や嘔吐物に含まれるウイルスが口に入る。
ウイルスで汚染された食品の摂取…カキなどの二枚貝のほか、ウイルスが付着した食品ならすべて原因になり得る。
ウイルスが付着したほこりなどの粒子が舞い上がり、それが鼻や口から入って感染
ウイルスで汚染されたプールの水、川の水、井戸の水などからの感染

ウイルスに感染すると、24~48時間程度の潜伏期間を経て、腹部の不快感、激しい吐き気・嘔吐などに続いて激しい下痢症状に見舞われます。発熱を伴うこともある一方で、無症状、あるいは軽いかぜ症状ですむ場合もあります。

健康な成人であれば、ノロウイルスに感染して発症しても、通常の場合は経口補水液やスポーツ飲料、白湯などで水分補給しながら安静にしていれば、2~3日で治ります。市販の下痢止めや吐き気止めを使うと、かえって症状を長引かせる恐れがあるため、自己判断での服用は避けたほうがよいでしょう。

乳幼児や高齢者、持病がある人は、脱水症状から重症化するケースがあります。嘔吐が半日以上続いている、尿が半日以上出ない、尿の色が濃くなってきた、唇が乾いている、ぐったりしている、といった場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

感染予防の基本は、食品の十分な加熱と手洗いの徹底

ノロウイルス感染症の予防の基本は、食品の加熱と、食べ物に触れる前やトイレの後の石けんによる手洗いです。

調理の際には、食品の中心部の温度を85~90度で1分半以上加熱しましょう。高齢者や、呼吸器・心臓に慢性の病気がある、糖尿病など代謝系の病気があるなど重症化しやすい人は、この時期はできるだけ二枚貝などの生食を控えて、しっかり加熱してから食べるようにしましょう。

また、ウイルスは主に口から入るため、マスクの着用も予防効果があります。昨シーズンは、多くの人が新型コロナ対策のために手洗いやマスクの着用などを徹底した結果、ノロウイルスの感染者が例年に比べて大きく減少しました。適切な手洗いなどが、ノロウイルスに対しても効果がみられたと考えられます。

ただし、新型コロナ対策で効果があるアルコールによる手指消毒は、ノロウイルスにはあまり効果がありません。ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウムが有効ですが、手指の消毒には使えないため、石けんでの手洗いが非常に重要です。調理・食事の前、トイレ後には石けんで、指先、爪の間、親指、手首まで十分に洗い、流水でていねいに洗い流しましょう。