文字サイズ

コロナ禍による不安感を持つ人が3割程度に減少

コロナ禍による不安感を持つ人が3割程度に減少

10~11月期では不安が「どれもなかった」人が7割に

厚生労働省は4月7日、『新型コロナウイルス感染症に係るメンタルヘルスに関する調査』の結果を公表しました。この調査は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大および行動制限などの対策に伴う心理面への影響を把握することを目的に実施されました。2021年11月、15歳以上を対象にインターネットによる調査を行い、8,322件の回答がありました。

何らかの不安等を感じた人の割合を時系列でみると、同様の調査対象で実施した前回の2020年度調査の2~3月期以来、5割程度の状況が続いていましたが、感染拡大が落ち着いた2021年10~11月では27.3%と3割未満に減少しました。

不安の内容を詳しくみると(複数回答)、「そわそわ、落ち着かなく感じた」「神経過敏に感じた」と回答した人の割合は、2021年4~6月期、7~9月期はともに20%を超えていましたが、10~11月期はそれぞれ12.4%、9.7%と半減しました。また、「気分が落ち込んで、何が起こっても気が晴れないように感じた」のは、11.3%、12.4%と推移していましたが8.8%へとやや低下しました。10~11月期では、「どれもなかった」とする人が72.7%と7割以上となっています。

不安要素は「自分や家族への感染」や「収入」「生活の変化」

新型コロナウイルスの感染拡大に際して、不安に思ったことについての質問には、10~11月期は「自分や家族の感染への不安」を挙げる人が42.4%と最も高く、次いで「自分や家族の仕事や収入に関する不安」(10.8%)、「自粛等による生活等の変化に対する不安」(10.6%)と続きます。

生活に関して困ったことやストレスを感じたこととしては、「旅行やレジャーができないこと」(47.2%)が最も回答割合が高く、「新型コロナウイルスの流行(コロナ禍)がいつ終わるかわからないこと」(43.0%)、「医療用品・衛生用品(マスクなど)が入手困難なこと」(24.0%)が続きます。

不安やストレスの解消には、体を動かすことが効果的

こうした不安やストレスを解消するため、何をしているかとの問いには、「手洗いやマスクの着用、人との距離をとる、できる限り自宅にいるようにするなどの予防行動」が58.2%と、前回調査の7割超からは減少したものの依然として高く、「スマートフォンやインターネットを使って情報を検索」(27.1%)が続きます。

不安やストレスの解消方法と、実際のストレスの解消との関係をみると、「ストレスを解消できている」人では、解消方法として「運動などで体を動かす」を挙げた人が39.3%と最も高くなっています。逆に、ストレスや不安の解消が「できていない」とした人では、解消方法として「スマートフォンやインターネットを使って情報検索」と答えた人の割合が45.0%で最多でした。ネットやスマホで情報を集めるよりも、体を動かすほうが不安やストレス解消には効果的だということが伺える結果となりました。

コロナ禍においては、これまでのようには運動しづらい状況ですが、家の片づけや掃除など、体を動かすような作業がおすすめです。さらに本格的に体を動かしたい場合は、インターネットなどで「自宅でできる運動」を探し実践することも1つの手段です。

なお、心身の不調を感じたら無理をせず、早めに専門の医療機関(心療内科や精神科)を受診しましょう。