健康状態の指標「基準値」とは? 健診・人間ドックを受けましょう

HOME > 健診・人間ドックを受けましょう > 健康状態の指標「基準値」とは?

健診・人間ドックでは、検査後、検査項目ごとに受診者の数値と基準値を照らし合わせて「異常なし」「異常あり」などといった判定が下されます。
基準値とは健康な人々の検査データを統計学的に処理して得た数値で、簡単にいうと「現時点では健康と考えられる人の95%が含まれる範囲」のことです。

基準値から外れた場合、どう受け止めるか

「検査結果が基準値から外れている」=「病気である」とはかぎりません。健診や人間ドックの検査は病気を診断するためのものではなく、異常の疑いのある人を見つけるためのものだからです。
ただし、再検査が必要だという結果であれば、異常の有無を正しく判断するためにもできるだけ早めに医療機関を受診しましょう。また、再検査は必要ないが多少気になるところがあるときには、経過観察という結果がでることがあります。
医療機関からの指示があれば、必ず守るようにしましょう。

「異常なし」でも油断禁物

結果が「異常なし」だったからといって、油断は禁物。現時点では健康でも、過食など生活習慣病を招くようなライフスタイルを続けていると将来、病気になる可能性もあります。また、なんらかの病気があるにもかかわらず、検査数値が基準値を示す人もいます。
健診・人間ドックの受診をきっかけに自分のライフスタイルを振り返り、改善すべき点は改善することが大切です。

「自分の基準値」という考え方

検査値には個人差があり、数値が基準値の範囲内でも病気があったり、その逆のパターンもあります。そのため、健診結果を読む際は、あらかじめ「自分の基準値」を把握しておくことが重要とされています。
「自分の基準値」は、健診などの定期的な受診を積み重ねることによって把握できます。ぜひ、定期的に受診してください。