代謝系の検査

HbA1c(グリコヘモグロビン) 過去1〜2カ月の血糖値の状態をチェック(特定健診項目)

HOME > 検査項目 > 代謝系の検査 > HbA1c(グリコヘモグロビン)

基準値

5.5 %以下 *NGSP値

血糖の異常に関連する病気・症状 *空腹時血糖、HbA1c

● 高値 耐糖能異常、糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症、肝硬変など
● 低値インスリノーマ(膵島腫瘍)、腎性糖尿、頻繁なおう吐や下痢など

高血糖状態が続くとできる、グリコヘモグロビン

高血糖状態が続くと、血液中のブドウ糖とヘモグロビン(赤血球の色素成分)が結合し、グリコヘモグロビン(HbA1c)ができます。赤血球中のグリコヘモグロビンの比率を調べることで、過去1〜2カ月間の血糖値の状態を知ることができます。