血液の検査

血清鉄 血液中に含まれる鉄の量をチェック

基準値

男性 54~200 ㎍/㎗
女性 48~154 ㎍/㎗
*比色法

血清鉄の異常(低値)に関連する病気・症状

鉄欠乏性貧血、慢性的な出血、慢性の感染症、膠原病、がんなど

ヘモグロビンをつくる材料の1つ、鉄

赤血球の酸素運搬機能を支えるヘモグロビンは、血液中の鉄を材料に合成されます。からだのどこかに出血があり、血液とともに鉄も失われると貧血をきたし、血清鉄は低値となります。 また、偏食で鉄分の摂取が少ない場合も血清鉄は低値となり、ヘモグロビンが十分に合成できず貧血をきたします。

ヘモグロビンをつくる材料の1つ、鉄

鉄欠乏を招く要因

鉄の不足

1.摂取不足: 偏食、ダイエット、食物摂取不能 2.吸収障害: 胃腸の消化機能の低下、胃や腸の手術を受けた、胃液の酸度が低下

鉄の需要増大

発育・成長、妊娠・授乳

鉄排出の増加

月経、消化管の出血、血尿など

自分では気づきにくい鉄欠乏性貧血

いろいろな種類がある貧血のなかで、もっとも頻度の高いのは鉄不足が原因の鉄欠乏性貧血です。 とくに女性に多く、成人女性の5~10% 程度がこの貧血をもつといわれています。

進行するにつれて頭痛やめまい、動悸、息切れなどの症状が顕著に現れますが、軽度~中程度では目立った自覚症状がなく、「なんとなく疲れやすく、気分がすぐれない」といった程度です。そのため、鉄欠乏性貧血があっても気づかずに過ごしている人が少なくありません。