消化管の検査

便潜血検査 消化管からの出血がないかどうかをチェック

HOME > 検査項目 > 消化管の検査 > 便潜血検査

基準値

陰性(-)

便潜血検査陽性に関連する病気・症状

痔、裂肛、大腸の炎症、潰瘍、ポリープ、がんなど
*化学法の場合、上記に加え上部消化管の炎症など

便中の微量な血液を検出する、便潜血

消化管に出血があると、便にその血液が混ざります。出血が多量であれば便の色がいつもと違うため、自分でも異変に気づくことができますが、出血が微量の場合はわかりません。
そこで、病気を放置してしまうことのないよう、消化管からの微量な出血をも検出できる便潜血という検査を行います。

便潜血検査、2つの検査方法

便潜血検査には、便中の血液成分に反応する試薬を用いた「化学法」と、免疫学的にヒト由来のヘモグロビンを検出する「免疫法」があります。
近年主流となっているのは免疫法です。上部消化管からの出血を検出しにくいものの、下部消化管の病気のスクリーニング(ふるいわけ)法としては非常に有用とされ、大腸がん検診にも用いられています。