消化管の検査

上部・下部消化管内視鏡検査 消化管の内部を直接観察し、病変の有無をチェック

HOME > 検査項目 > 消化管の検査 > 上部・下部消化管内視鏡検査

基準値

異常所見なし

上部消化管内視鏡検査の異常に関連する病気・症状

食道裂孔ヘルニア、アカラシア、食道ポリープ、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がんなど


下部消化管内視鏡検査の異常に関連する病気・症状

大腸憩室、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、腸結核、クローン病、大腸がんなど

細長い管の先端にレンズがついた内視鏡

長い管の先端にレンズを内蔵した内視鏡を用いた検査です。上部消化管内視鏡検査では、口または鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸の内側を覆う粘膜の様子を観察します。
下部消化管内視鏡検査では、肛門から内視鏡を挿入して大腸の粘膜の様子を観察します。