肝臓・すい臓・胆のうなどの検査

AST(GOT)、ALT(GPT) 肝臓などに含まれる酵素の血中濃度をチェック(特定健診項目)

基準値

AST 30 IU/ℓ以下
ALT 30 IU/ℓ以下

AST・ALTの異常に関連する病気・症状

急性・慢性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変、心筋梗塞、筋ジストロフィーなど筋肉の病気など

代表的な肝機能の指標、AST とALT

ASTとALTは肝臓をはじめ、さまざまな臓器・組織の細胞に含まれている酵素の一種です。肝臓がダメージを受けると血液中に過剰に増えてくるため、肝臓病の有無および肝機能を調べる指標として用いられています。