肝臓・すい臓・胆のうなどの検査

総ビリルビン 毒性のあるビリルビンの血中濃度をチェック

基準値

0.2~1.2 ㎎/㎗以下 *酵素法

総ビリルビンの異常に関連する病気・症状

溶血性黄疸、肝細胞性黄疸(急性肝炎、肝硬変)、原発性胆汁うっ滞性肝硬変、総胆管結石など

寿命がつきた赤血球が壊れてできる、ビリルビン

寿命がつきた赤血球は肝臓などで壊され、毒性のある物質のビリルビンが作られます。通常、ビリルビンは胆汁とともに排泄されますが、肝臓や胆道の病気で胆汁の排泄がうまくいかなくなると、血液中にあふれ出てきます。
そのため、血液中のビリルビンは肝機能の指標のひとつとされています。