肝臓・すい臓・胆のうなどの検査

尿ウロビリノーゲン 尿中のウロビリノーゲンをチェック

基準値

弱陽性(±) *試験紙法


尿ウロビリノーゲンの異常に関連する病気・症状

● 陽性 急性・慢性肝炎、肝硬変、巨赤芽球性貧血、溶血性貧血、便秘など
● 陰性閉塞性黄疸、胆道の病気(胆石、胆道のがんなど)、重度の下痢

多すぎても、まったくなくても困る、尿ウロビリノーゲン

ビリルビンは胆汁とともに腸へ送られ、ここでウロビリノーゲンという物質に変わります。大部分のウロビリノーゲンは便と一緒に排泄され、残りのごく一部が腸から吸収されて尿と一緒に排泄されます。
ところが、肝臓や胆道の病気、あるいは腎臓などの病気があると、尿中のウロビリノーゲンが多すぎたり(陽性)、まったくなくなったり(陰性)します。