腎臓・尿路系の検査

尿沈渣 尿中の赤血球などをチェック

基準値

赤血球 3 個以内
白血球 2 個以内
上皮細胞 少数
円柱 0
*すべて1視野あたりの値

尿沈渣の異常の異常に関連する病気・症状

腎臓・尿路系の炎症や結石、感染症、腫瘍など

尿路に病変があると混入する細胞などを顕微鏡で観察

腎臓から尿道までの尿路のどこかに病変があると、そこから赤血球や白血球、上皮細胞、円柱などが尿中に混入します。尿中にこれらの細胞や結晶などがあるか否か、顕微鏡で観察するのが尿沈渣です。
尿潜血は腎臓病以外の病気や過労でも陽性を示すことがあるため、尿潜血とあわせて尿沈渣を行うことがあります。