目・耳の検査

聴力 耳の聞こえをチェック

基準値

1000 ㎐ 30 ㏈以下あるいは所見なし
4000 ㎐ 40 ㏈以下あるいは所見なし

聴力の異常(難聴)に関連する病気・症状

老人性難聴、特発性難聴、外耳炎、中耳炎、耳下腺炎など

聴力で、耳の病気や機能の不調を早期発見

聴力検査では、高周波の音(4000Hz)と低周波の音(1000Hz)を用い、それぞれを一定音量ずつ上げていって耳の聞こえをチェックします。この検査で、耳の聞こえが悪い、いわゆる難聴と判断された場合、その原因となっている耳などの病気を突き止めるための検査を行います。