特定健診とは? メタボ・生活習慣病予防のための「特定健診」とは

「特定健診(特定健康診査)」とは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。メタボリックシンドロームの該当者・予備群を見つけるため、検査項目に内臓脂肪の蓄積状況や、その他のメタボリックシンドローム関連リスクを調べる内容が含まれていることが特徴です。

対象となる人:40歳~74歳のすべての被保険者・被扶養者

ヘモグロビンをつくる材料の1つ、鉄

特定健診・特定保健指導の流れ

  1. 特定健診の実施
    40歳~74歳のすべての人を対象に、特定健診を行います。
  2. 健診結果の通知
    情報提供(受診者全員)
    健診結果によってリスク別にグループ分けを行います。
    ※健診受診者全員に、生活習慣改善に役立てるための情報提供を、健診結果通知時等に行います。
  3. 特定保健指導の実施グループ分けにより、「動機付け支援」「積極的支援」に該当する人に対し特定保健指導を行います。
    ※すでに糖尿病・高血圧症・脂質異常症の薬を服用中の方は、特定保健指導の対象にはなりません。